花菜ガーデン

  • 2018.05.06 Sunday
  • 04:47

蜜蜂マーサは遊んでる バラの集いの草むらで 伊勢原彼方の鐘の音に 日陰の葡萄が飛び跳ねる まどろむ午後に降りる愛 届けよ届け躊躇わず 皮肉とプライド乗せて行け 可愛いお前の口元に 牧場の奥にたむろする 62歳の偏愛を こんもり膨らむ偏愛を 蜜蜂マーサの愛欲よ 浮かれた愛はぎこちなく 耳の後ろに唇を 当てて途切れる愛言葉 美味の極みは唇の 葡萄蜂蜜赤いバラ おぉ唇よ唇よ 甘美な毒を光らせて 我が唇を待つがよい(フルーツ工房)

5月3日の朝

  • 2018.05.03 Thursday
  • 04:55

昨日の夕方から雨 泉は潤い仄かな香り 微かに聞こえる小鳥の呻き 赤い擬宝珠が光っている 山中の薄桃色の城 童心に帰ってかくれんぼする大人たち 足を組みかえる少女にチャンバラごっこを挑む 無言で登りゆく築山の先には 葡萄色になった野苺 恋の悩みは嬉しい記憶 金の悩みは楽しい走馬燈 唇と肛門が親戚ならば そわさんぬふ そわさんぬふ

ボンボヤージュ

  • 2018.05.02 Wednesday
  • 04:52

冬が終わるころ 朝の5時ころに私は旅立つ 魂の抜けた私を見つめるのは妻ただひとり 妻のキスは許しの証し ゴミに等しいものを随分と残したものだ 60を過ぎた私には言訳など無用 友はみな空虚な栄光に生き続けるだろう 私の旅立ちを気に掛ける者など皆無だ ひとりの老女が百合を抱いて私の墓の前に現れる そうだよね(晩出る麦酒)

恋せよ、今は春

  • 2018.04.30 Monday
  • 04:41

ギターを抱えて さぁ 歌ってよ キッスの歌を 花菜ガーデンに 咲き初めるバラの乱舞 風は心地よく 唇を吸い寄せよ 血吸い虫に憧れよ 夜明けの風が囁くまで キッスの歌を キッスそれそれそれと 浅い緑が滴る さぁ ギターを抱きかかえよ くびれる春に キッスの賛歌を捧げよ

はら、ハラ、腹、破裸

  • 2018.04.27 Friday
  • 15:21

遠く聞こえてくる 羽根か粉雪か微風か おまえの白い乳房に耳を埋める まつ毛は黒く唇は桜色 谷間を見れば可愛らしい草原 七人の小人は鞭を振り 驢馬は舌をちらつかせ 金の汗を光らせる おまえは何にも知らない 私は何でも知っている 豊かな肉に隠れる落ち葉は夜泣きする(E・ウェスト) 

春は叫ぶ

  • 2018.04.13 Friday
  • 17:36

子供たちよ 生きるのだ 育つのだ 咲き誇れ 夢を持て 愛するのだ 笑顔を見せろ 産めよ増やせよ ためらうことなく生きるのだ 老人たちよ 覚悟するのだ 子供たちに場所を空けよ 衰えた力を振り絞り 穴を掘れ ためらうことなく消えてゆくのだ (平成・減る満)

お行儀が悪いって?

  • 2018.04.12 Thursday
  • 17:30

寝っ転がって足を眺める 足の向こうは松山だ 鳥たちが船を取り巻きながら「マツヤマ―マツヤマ―」と教えてくれる 「もうすぐだよ〜〜〜」と風が騒ぎ始める 文豪や俳聖たちが待ち構える 青いポリネシアンとタートルネックのアングロサクソンがハムエッグを味わっている もうすぐ私は道後温泉という女体に散らばった産毛を発見する 淫靡な肉体と清らかに語らい合うのだ

赤とんぼ

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 12:14

「夕焼け小焼けの赤とんぼ」この歌詞の内容を日本語の分からない人に伝えるには?という問いに学生のひとりは「スマホで映像を見せる」と答えた。正解だ。様々な方法の中では一番正確に伝わる。視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のひとつである視覚にアピールする。「百聞は一見に如かず」なのだ。視覚の前では聴覚も嗅覚も味覚も触覚も一歩を譲る。「一寸の虫にも五分の魂」と言うが「五分の魂」など無いに等しい。だから「五分の魂」が愛おしくなる。「五分の魂」が死に物狂いで「夕焼け小焼けの赤とんぼ」をアピールすることの中に人の生きる意味が有りそうな気がしている。

ある春の日に

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 16:09

時は春 目覚めれば朝 といっても10時すぎ 空には雲間に太陽 テレビは証人喚問 テレ東はショッピング Eテレでは東海大相模が12対3で勝利 オムライスにサラダにスープ 神は空にて人間からの尊敬を求め すべて地上は何事も無し

竹林

  • 2018.03.25 Sunday
  • 05:38

ゲンセキケイコウサントウショウシュウゲンカンリュウレイオウジュウ。他人の評価など薬にもならない。もうすぐ終わる身には誉め言葉よりもアンパンと牛乳が嬉しい。「イイね」が欲しくてバイクで時速275km出した映像をYouTubeにアップして捕まった哀れな男がいた。「イイね」が欲しくて高層ビルに登る映像をYouTubeにアップしてるうちに落ちて死んだ男もいた。「お国の為に」なんて思っていないのはアッパレだね。アンパンと牛乳が飲みたくて刑事になる猛者っているんじゃないの?

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

楽しむこと、それが人生だ!

profilephoto

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新杉田といえば東芝とIHIですよ。
    ike (01/15)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM