スポンサーサイト

  • 2017.09.17 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    明治維新

    • 2017.09.12 Tuesday
    • 13:02

    「吉田松陰はテロリストだった。明治維新は失敗だった。」正解だと思う。士農工商という身分制度にドッカリと胡坐をかいて苦しむ農民を食い物にする絶対的な指導者(徳川家)では世界の秩序の中で優位に生きられないという吉田松陰の考えは、徳川幕府にとっては政治テロそのものだった。武士だけが武器(刀剣)を所持使用できる特権を与えられているはずなのに、松陰の弟子の高杉晋作は農民を集めて奇兵隊という軍隊を作った。これは正にレジスタンスなのだ。井の中の蛙である武士政権から実権を奪った明治政府。しかし、政権を担った長州レジスタンス勇士も高杉を失って井の中の蛙に転落。無能な武家政権が無能な藩閥政権に変化しただけだった。その後の歴史は語る気にもならない。だよね、安倍さん。

    サザンを聴きながら

    • 2017.09.10 Sunday
    • 16:58

    首まで波に浸かる母と娘。側には離岸流。左を見れば彼方に江ノ島、右には平塚漁港。左下にはショボいタトゥーを自慢する残念な若者。真上には私からチーズパンを横取りした前科持ちのトンビ。海の向こうはアメリカだ。「海岸で初老男性の死体発見。傍らには缶ハイボールと缶酎ハイとカリカリポテトのチーズ味。ウォークマンからはサザンがエンドレスで流れていた」・・・なんてね!浜田岩鉄よ、早くここへおいで。これが桑田の故郷だ、さやかに風も吹いている。お前は何をしているのだと、吹き来る風が私に言う。私は答える、サボっているのだと!

    感謝感激バースディメール!

    • 2017.09.09 Saturday
    • 18:08

    62歳です。それがどうしたと言われても62歳です。

    多くの方からのバースディメール、有難うございます。

    今、故あってfacebookと距離を置いておりますが、皆様の祝福は完全無欠の涙ものです。

    バースディ記念「第7回ちゃ太郎劇場」も少数精鋭のお客様に喜んでいただきました。

    第8回(10月)第9回(12月)第10回(来年1月)も残り火を燃やす如く極秘裏に続けます。

    皆様のご健康とご多幸をお祈りしながら、簡単ではございますがご挨拶とさせていただきます。

    備長炭びんちょうたんビンチョウタン備長炭・・・・・・♡

    ちゃ太郎 敬白

    好きな言葉

    • 2017.08.25 Friday
    • 04:53

    座右の銘は「死なない程度に生きてゆく!」です。好きな言葉は「邪道・人生は生まれてから死ぬまでの暇つぶし」、嫌いな言葉は当然ながら「正統派・本格派・本物志向」です。人生の目標は「野垂れ死に」。道端に倒れて蒼空を見上げて微笑みながら彼の世に旅立ちたいのです。身の程知らずのゼイタクな望みでしょうか?

    仁義なき戦い

    • 2017.08.23 Wednesday
    • 17:45

    太古の昔から人々が平和に暮らしてきた村があったそうな。そこへ、500年前に一攫千金を夢見た強欲な茶色のヤクザたちが乗り込んで強盗を働き家々を焼き払うという残虐行為をして行った。400年前には宗教的なイジメを受けて故郷を追い出された気弱な白い難民たちがこの村に逃げ込んできてヤクザ化し、祖国での仇をこの村でと言わんばかりに傍若無人な行為で村人をイジメ続けた。村人は狭い場所に閉じ込められ不自由に暮らすしかなかったそうな。イジメっこは利益を上げるためにタダで働く黒い人間を家畜として買い集めた。さらに、無責任なうわさ話を信じて夢を抱いた黄色い人たちもやって来た。理由もなく「白が一番」と言い張るイジメっこに対して黒と茶色と黄色もヤクザ化して抗争が激化しそうだ。元々住んでいた村人(レッドと呼ばれることもある)はヤクザ化せず冷ややかに笑っている。彼らの笑いには意味があるのだ。

    大満足

    • 2017.08.21 Monday
    • 04:32

    もうお腹がいっぱいです。もうお腹がいっぱいです。もうお腹がいっぱいです。もうお腹がいっぱいです。人生という素晴らしいご馳走をいただいて、もうお腹がいっぱいです。デザートも用意してあるようですが、何となく私の口に合わないような予感がしてます。最後のコーヒーはトテツモナク苦そうです。もうお腹がいっぱいです。もうお腹がいっぱいです。もうお腹がいっぱいです。もうお腹がいっぱいです。ご馳走様でした。

    感性と知性

    • 2017.08.20 Sunday
    • 04:48

    昨日、テレビに指揮者の西本智実さんが出演していた。バレエ『ロミオとジュリエット』の公演に向けての宣伝を兼ねたドキュメンタリーだった。ストーリーの舞台になったヴェローナを散歩しながら現地の人と話し、思いを語っていた。話がヘタだ。説明がヘタなのだ。これは彼女の音楽を否定しているんじゃないよ。素晴らしいクリエイターは説明がヘタなんだ。説明が上手い人の作品は理屈っぽくなってしまう。谷川俊太郎さんの詩みたいにね。私もオペラを説明するときと実際に演じるときは別の人格になるようにしているんだ。台本を書くときと作詞をするときも別の人格になる。知性と感性の使い分けは快感でもあり精神の破綻への近道でもある。破綻してぇなぁ!

    手術成功!

    • 2017.08.18 Friday
    • 19:02

    三日前にガン摘出手術した愛猫のミミは急激に回復中です。ストレスのせいなのか爆食いが始まってしまい1キロ以上減っていた体重が元のメタボに戻るのも真近です。抜糸までは少々痛々しい姿だけど、もうしばらくは生きられそう。有難いことです。人間だったらムカつくような態度が可愛く思えるのは猫なりゃこそ。人間の言葉に翻訳する機械など絶対いらないね。ぶん殴りたくなっちゃうだろう。ミミバアサンよ、言葉が通じないままで仲良くしような!

    ミミよ!

    • 2017.08.13 Sunday
    • 04:58

    16年前に娘の希望で猫を買った。値段は13万円。ブリティッシュショートヘアの雌で名前はウルルン。しかし、2歳で病死した。ガッカリしていたとき、上野に住む友人が捨てられた子猫の飼い主を探していた。鴉に襲われたらしく尻尾がチョー短かった。ミミと名付けた。今、私のそばで未だ読んでいない朝刊に寝そべっている。14歳、人間で言うと70歳のオバアチャンだ。二日後に乳がんの手術をする。頼むから、もう少し生きてくれ!

    至福の時

    • 2017.08.06 Sunday
    • 04:55

    教師になることを目指す人たちがいる。素敵なことだとは思うが、他人の人生を左右する可能性がある以上、生半可な気持ちでは勤まらない筈だと思う。だから私は教師への道は選ばなかった。しかし、50歳のときに誘われて大学の講師になった。そして初めての教え子を授かった。あれから11年、その一人が結婚した。初めて乾杯の音頭を頼まれた。そんな立派な立場の人間ではないが芸人根性丸出しで勤めた。他の教え子たちとの再会も嬉しかった。教え子は我が子と同じだ。幸せになって欲しい。そして幸せの連鎖を作って欲しい。そのことを祈るのみだ。かおりん、えりか、さよちゃん、あすか、はるか、なおみ、けいこちゃん、まりん、さとみ。人生は短い。「幸せは歩いてこない。徘徊している。」笑顔という誘蛾灯で幸せを引き寄せるんだ。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    楽しむこと、それが人生だ!

    profilephoto

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 新杉田といえば東芝とIHIですよ。
      ike (01/15)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM