私は男っぽいのだ!

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 11:22

何故かCGには興味がない。アニメも映像そのものにこだわった宮崎アニメには共感できない。要は視覚に心が動かないのだ。逆に聴覚には異常に反応する。好きなものは音楽と落語だ。目をつぶっていても楽しめるものだ。当然ヴィジュアル重視のミュージシャンは嫌いだし、着物や仕草にこだわる落語家も嫌いだ。音楽そのもので、話芸だけで勝負せんかい!アメリカン・レヴューに芝居を持ち込んだのは宝塚歌劇だ。創始者の小林一三が芝居好きだったからだ。芝居が無かったら宝塚歌劇は消滅していただろう。本来のレヴューは「衣装とダンスと照明」がすべてで「マジックとコミックソングとエロリズム」が加われば完成。100年以上の歴史を持つ「アメリカの伝統芸」なのだ。楽しむときに想像力は無用だ。だからワンパターンになりやすいのが弱点だ。私はイマジネーションの世界に遊びたいのだよ。だって男なんだもん!

琴の音

  • 2015.08.01 Saturday
  • 05:46
国防長官が権力を握ってしまうのは当然の成り行きですね、武器を持ってるんだから。平清盛は軍隊のトップなのに、根性悪の貴族たちの世界に無理矢理溶け込もうとしたんだ。だから平家は滅亡したのさ。死んだ後も清盛は権力に未練たらたらだったんだ。娘を天皇に嫁がせ、自分の血を天皇家に入れようとした。しかし、皇后になった娘は天皇の愛が自分じゃなくアオイちゃんに行ったのを知っていた。アオイちゃんが死んで悲しむ天皇に皇后は「琴の上手い娘」をプレゼント。天皇は大喜びで彼女を愛した。一方、清盛のもう一人の娘は六本木ヒルズのIT社長の嫁になっていたが、この社長も「琴の上手い娘」にゾッコンだった。清盛の亡霊は、娘ふたりに恥をかかせた「琴の上手い娘」を呪ってしまう。怖れた「琴の上手い娘」は姿を隠すのです。捜索を命じられたのがナカクニ君。さぁ どうなる? 『小督』 通常、「お琴」は「男」あるいは「お床」を指すことが多いのです。

すっぱ

  • 2015.06.26 Friday
  • 05:32
「先日、お前から買った男は能無しで使い物にならなかった。だから、今日お前が連れてきた男の値段を下げろ!」「分かったよ、半値にするよ。」「しまった、騙されたんだ。田舎者を騙して売る業者だったのか。なんとかしなきゃ!」翌朝、田舎者は業者に変装して代金を受け取り、一目散に逃げ出した。気付いた業者が刀を振りかざして追い掛ける。追いつかれた田舎者は開き直ったのだ。「おい、俺は磁石の妖怪だ。これから、その刀を飲み込んじゃうぞ。」「刀を鞘に収めたらどうなるんだ?」「俺は死ぬ。」「本当かい?さぁ、鞘に収めたぞ。・・・あっ、死んだ!誰か、AEDを持って来てくれ。誰か〜!」業者がスキを見せた時、田舎者は刀を奪い、「今度は俺がお前を殺してやるぞー!」「助けてくれ〜!」『磁石』

うとうやすかた

  • 2015.05.08 Friday
  • 05:34
母ちゃんが「うとう」と言えば、子供は「やすかた」と言い返す。母ちゃんが「うとう」と言えば、子供は「やすかた」と言い返す。立山連峰の美しさは身の毛がよだつようじゃな。名人の画家が地獄を画けば当にこのような絵になるじゃろうのう。感心するお坊さんの後ろから一人の老人が現れる。蓑笠みのかさ蓑笠みのかさ、去年の暮に葬式やった家に蓑笠みのかさ届けておくれなさりませませ。片袖かたそで片袖かたそで見せたら分かる。ガッテン承知の介。ここだな。お女中よ、この蓑笠みのかさ確かに届けましたぞ。この片袖かたそでご覧あれ。あれまあ、うちの人の片袖かたそででおます。うとうの子供を捕獲したのは亭主です。猟師の生業、いたしかたない事。嘆くうとうの母の怨みに地獄の責め苦。救われる日は来るでしょうかいなぁ。『善知鳥』

ゴメンゴメン

  • 2015.04.26 Sunday
  • 05:42
「そこの子供よ、お前の叩く太鼓は素晴らしい音がする。それを私に差し出すのじゃ。」「いやだ、これはボクのだもん。逃げちゃおうっと。」「家来の者ども、追いかけるのじゃ。」「殿、捕まえました。太鼓は取り上げましたが、子供はどうしましょう?」「私に逆らった罰じゃ。河に沈めて殺すのじゃ」「仰せの通りに致しました。ただ、困ったことが・・・」「何じゃ?」「誰が叩いても太鼓は鳴りません。」「それで、どうするのじゃ?」「子供の父も太鼓の名人です。」「すぐに連れてきて叩かせるのじゃ。連れてきた?お前があの子の父か、息子の代わりに叩くのじゃ。おぉ、素晴らしい音色じゃ、心が洗われるようじゃ。父親に褒美を持たせよ。そして、子供の供養のためにコンサートを開くのじゃ。」早速、開かれたコンサートの最中に子供の霊が現れたが恨みを言うこともなく、殿様への感謝のダンスを踊って消えて行きましたとさ、めでたしめでたし。『天鼓』

わてな

  • 2015.04.06 Monday
  • 09:38
わてな、中橋の加賀屋佐吉方から参じました。先ど仲買いの弥市が取り次ぎました道具七品のことでございます。祐乗宗乗光乗三作の三所物、備前長船の住則光、横谷宗四分一ごしらえ小柄付きの脇差、これな柄前が鉄刀木や言うてましたけど、埋れ木やさかい木が違うとりますんで、ちょっとお断り申しあげます。自在は黄檗山金明竹、寸胴の花活けには遠州宗甫の銘がございます。織部の香合、のんこうの茶碗、古池や蛙飛び込む水の音言います風羅坊正筆の掛け物、沢庵木庵隠元禅師貼り交ぜの小屏風、私の旦那の檀那寺が兵庫におまして、兵庫の坊さんえろう好みまする屏風じゃによって、表具へやって兵庫の坊主の屏風にいたしますると、斯様お言付け願うとおます・・・・・・・・・これ何でしょう?・・・ってお前、分かる訳ないだろ!

他人まかせも神だのみも芸のうち

  • 2015.03.15 Sunday
  • 18:44
騎兵隊の隊長ジョン・ウェインが馬に乗って通りかかり、履いていた靴を落として私に拾うように命令した。私が直に拾うとライフルのテクニックを教えてやるから尋ねて来いと言ったところで目が覚めた。カレンダーを見ると夢で約束した日だったので約束の場所に出かけてみるとジョン・ウェインがいたが「遅刻だ、五日後に来い。」と言って消えた。それを聞いた友だちは「そいつは伝説のイエローストーンだ。」と言った。五日後に行ってみるとジョン・ウェインは「良く来た、偉い!」と誉め、今度は靴を池に投げた。私は飛び込んで捜したが見つからず途方に暮れていると、ドラゴンが現れた。そして靴を拾ったが「返してやらないよー!」と意地悪く言ったので、私がピストルを構えるとドラゴンは逃げた。ジョン・ウェインは感心してライフルのテクニックを教えてくれたとさ、メデタシメデタシ。ドラゴンが意地悪するなんて、なんて面白い話なんでしょう。『張良』

9月7日

  • 2015.03.12 Thursday
  • 04:54
「毎年9月7日になると、ここに来るのです。」「何か意味があるのかね?」「恋する人が初めて私のところへいらっしゃった日なのです。」「その男とは結ばれたのかね。」「体は結ばれたのですが、心は微妙な関係のままでした。その状態に堪え切れなくなった私は、彼を忘れるために巫女になったのです。」「それで忘れることは出来たのかね?」「出来たならば毎年この地を訪れることはなかったでしょう。未だに心乱れて苦しくて辛いのです。」「踊りなされ、踊りなされ。昔を偲び、その男を偲んで踊りなされ。・・・・どうじゃな、気持ちの整理がつきましたかな?」「残念ですが、来年もまた、ここに参ります。」「それが恋というものじゃろうのう。」『野宮』 自分が苦しむか、相手を苦しませるか、それが恋愛のすべてである。(アンリ・ド・レニエ)

ミリオン

  • 2015.03.03 Tuesday
  • 05:43
「ねぇねぇ、ボーイさん。何か面白いアトラクションをやってないの?」「ございます。今、ステージでカリスマダンサーのミリオンさんが踊ってます。」「どんな踊りなの?」「神に捧げるチョー官能的でアクロバティックな踊りです。大評判ですよ。」「この子が見ても大丈夫かしら?」「お子さんですか?」「孤児だったのを私が育ててるの。」「どうぞ、ご覧ください。」「坊や、面白いわね。」「ママ、あの踊ってる人、ぼくの母さんだよ。」「確かめてみるわ。・・・ねぇ、あなたはどうしてそんな踊りをやってるの?」「行方不明の我が子に逢いたくて、神様に身体全体でお願いしているんです。」「間違いないわ。これがあなたの子供よ。」「有難うございます。」「坊や、お母さんと元気で暮らすんですよ。」「今日まで育ててくれて、ありがとう。ママも元気でね。」『百万』

天皇陛下の命令

  • 2015.02.13 Friday
  • 05:33
天皇陛下は今日も気分転換のお散歩です。池のそばの草むらに真っ白い鷺が一羽。「捕まえてくるでおじゃるよ!」 蔵人(パシリ)君がその役を。「上手く捕まえることができなかったらヤバいぞ。」 そーっとそーっと、えい!「アー、逃げられたー! オーィ、鷺よー。これは天皇陛下の命令なんだよー。」「先にそれを言ってくださいよ。」戻ってきた鷺は捕えられ天皇の前に。周りのオベッカ使いたちは、天皇の偉大さを讃えまくる。気を良くした天皇は鷺とパシリ君に勲章を下さる。喜んだ鷺は鷺ダンスを踊って飛び去っていく。鷺の役は少年か還暦すぎた老人が演じます。清らかさが必要だからです。私、還暦前ですが清らかさのカケラもありません。バリバリ、現役のエロオヤジです。『鷺』

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

楽しむこと、それが人生だ!

profilephoto

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新杉田といえば東芝とIHIですよ。
    ike (01/15)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM