高木護さん

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 10:51

種田山頭火や若山牧水などに憧れた頃があった。

30代から40代、生きるということは?と考えていた。

その頃に高木護の本に出会った。

「放浪の詩人」という言葉の似合わない「徘徊の詩人」という言葉が似合う本だった。

妻が看護師で妻に養われているというプロフィールにも親近感があった。

柏市の小さな公民館で講演があったので行ってみた。

高齢者を前に高齢者の前向きな生き方を否定していた。それが彼の生き方だから。

講演慣れしていなかった。

5〜6冊の本を持参して講演終了後サインを頼んだ。

作家にサインを頼んだのは後にも先にも彼だけだった。

1冊だけのつもりが2冊目にもサインしようとするので「いいんですか?」

と言うと戸惑ったように「汚れますか?」と言った。

柏の駅前のファミレスでふたりで飲んだ。

酒だけが生き甲斐らしかった。

10年前に雑誌で見かけた。

やはり行きつけの居酒屋でのインタビュー記事だった。

生き方に変化はなかった。

亡くなった・・・92歳。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

楽しむこと、それが人生だ!

profilephoto

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新杉田といえば東芝とIHIですよ。
    ike (01/15)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM